バストの大きさは遺伝ではありません

バストの大きさは「遺伝する」と言われることもあり、
バストが小さいと悩んでいる女性の中には、「親の胸が小さいから、自分の胸が小さくても仕方がない」
と諦めてしまっている人も多いと思います。

しかし、実際にはバストの大きさは
必ずしも遺伝で決まるものではないのです。

現に、胸が小さい母親から胸が
大きい娘が生まれることもありますし、
その逆もあります。

また、「痩せているとか太っている」ということで、
バストの大きさが決まってしまうわけでもありません。

胸が大きい人は、
胸を大きくするための脂肪が多く付いていて、
それがとても発達しているのだそうです。

このような胸の仕組みを知っていれば、
思春期の「胸が一番大きくなる時期」を過ぎてしまった女性でも、
女性ホルモンの分泌を促すことで、
バストアップを図ることができるのではないかと考えられます。

「胸が小さいのは遺伝だから…」
と諦める必要はまったくありません。

このページを参考に、バストアップを目指してみてはいかがでしょうか?

確認ページへ

遺伝に因われず、可能性のある方法にトライされてはいかがでしょうか?

コメントは受け付けていません。