時間がないという言い訳をなくす方法

「時間がない」という言い訳を繰り返す社会人を
良く見かけますね。

しかし、本当に時間がないのでしょうか。
誰でも一度は言ったことがある「時間がない」という言葉は、
実は、話せば話すほど、まさに時間が無くなってしまうように
感じてしまいます。
言い訳的な口癖がその人の持っている能力やモチベーションを
低下させてしまうことは、多くの研究によって明らかとなっています。

つまり、時間がないと言ってしまった時点で、
成果できない人間になってしまうと考えられます。
同じような位置づけの口癖には、「でも」「だって」「どうせ」といった言葉があります。
言葉そのものの意味は違うものの、
本質的には「本来認めなければいけない事実や物事から、
目をそらしている」と考えられます。

しかし、ここに魔法の方法があります。
「時間がない」という代わりに、「時間がないなら、時間を作ってみる」といってしまうことです。
これは、パワーボキャブラリーと呼ばれ、
自分が言った言葉そのものを打ち消す言葉となります。
一種の自己暗示ですが、
大事なことは良い口癖に変えることで、
自然と悪い口癖を治すことができるのです。

まずはこの無料レポートを読んで、
ポジティブに生きるためのヒントを見つけてください。

ポジティブに生きるためのヒント

あなたの人生を変えることができるのは、あなた自身です。

あなたの考え方ひとつで、新しい人生がスタートします。

コメントは受け付けていません。