時間がない口癖を直す極意

「時間がない」という口癖を連呼している社会人を
良く見かけませんか。

しかし、実際に時間がないものなのでしょうか。

誰デモ1度は言った事はある「時間がない」という事ばですが、
実は、話せば話すほど、本当に時間が無くなってしまうように
感じてしまいます。

悪い口癖がその人の持っている学力や意欲を押し殺してしまうことが、
沢山の分析によって明らかになっています。

つまり、時間がないと言ってしまえば、
その時点で成果が出せない民族になってしまうのです。

同じような口癖には「デモンストレーション」「だって」「どうせ」という事ばがあります。

言葉そのものの趣旨は違うものの、
本質的には「元来認めなければいけない証拠や出来事から目を反らしている」のです。

しかし、ここに魔術のことばがあります。
「時間がない」という代わりに「時間がないと思ったら、
時間を作ってみる」です。

これは、パワーボキャブラリーと呼ばれ、
自分が言った言語そのものを打ち消す言語です。

一種の自己暗示ですが、
大切なことは良い口癖を言ってみる事で、
自然と悪い口癖を治すことができるのです。
まずはこの報告文を読んで
前向きのに生きるためのきっかけを探してみませんか?
http://www.nextroots.net/streammail/index.cgi?v=EUMWpTQsMjEsMTI0bnRp

コメントは受け付けていません。