第一次産業からの視点で読み解く速読術

速読術がある

速読術の悲惨な末路

速読術と一緒でたくさん本を読んでいると、だんだん読むスピードが速くなる。 ※情報力が高くなるとそれだけ先が読めるようになってくる。先を読むというのは情報力の問題。 物理学でいう「不確定性原理」「観測できないものは存在していないのと一緒」という理論 ある情報を他人より先に知れば、それは未来を知ってることになる。他の人がないと思っているを自分だけ観測できてるんだから。情報はものと違って目に見えない。だからなおさらはっきりする。もともと実体がなくて頭の中にしか存在しないわけだから見えてるか、見えてないかの差だけ。 「みんなが見えないものが見える、存在に気づかないことを知っている。それが未来を先取りするということ」未来を読むということは他人より先に情報を得るということ。(ここに情報力の差が出てくる) すでにその存在と意味を知っている一握りの人が未来を先読みしてビジネスチャンスをつかめた。「大切なのは情報の海の中から重要なものを拾い出すだけ」 ※現代のビジネスマンに最も必要なスキルは情報力。もっと言えば情報を処理するスピード「情報力」とは「情報処理スピード」大事なのは他人より早くそれを見つけること。つまり、「スピード」が問題。 ビジネスとは儲かるか儲からないかの判断がすべて。 <ビジネスに必要なこと>情報力、リスクとリターンの計算、スピード ※公開されている情報から重要なものをつかみ、リスクとリターンを考え、他に先駆けて実行に移す。 ※情報力とは存在してないものを見ることではなく、すでに存在しているものを他人より早く発見する力。 今そこにあるものを使えば、すぐにできること

コメントは受け付けていません。