速読術 フレッシュアップ計画はじめます

速読術が欲しいのではない。キレイが欲しいのである。

わらし仙人は子供の時に発達障害で注意力がありませんでした。学校でも黒板を見ないで、外の電線にとまる雀を見ておりました。(笑) でも、父が本好きだったので、7歳の時から本屋で立ち読みしてました。特に、漫画の立ち読みが凄くて・・・1冊読むのに3分でした、それが幸いして、いつの間にか速読術の達人になっておりました。 「のちに、本を書いて、6冊で28万部売りました。」 これって、もともとは、わらし仙人が発達障害で、注意力散漫で、他の子のように勉強が出来ませんでした。でも、本が好きだったんで、小学6年生の時には、10000冊の本を速読してました。 この速読が、注意力を鍛えてくれました。本来なら、落ちこぼれ、落伍者だった、わらし仙人は、速読をすることで、注意力を高めて、中学1年生の時は、学年で140人中139番目の成績でしたが、速読で、140人中10番目の成績になりました。 わらし仙人は幸運なことに、小さい時から本を読むのが好きで、無心で本を読んでいる内に、発達障害で注意力散漫だったのが、高度に集中できるようになりました。また、大学を卒業してからは、筆記試験にめっぽう強くなり、競争率50倍でも、楽々合格するようになりました。(筆記試験だけなら、無敵です。)(笑) 「最近、病気を治す力が・・・気づきにあることを発見しました。」 今現在のありのままの状態に、自分で気づけるようになると・・・病気も治りますし、新しい発明とか発見もできます。世間では、「創造力」と言いますが・・・これは、気づきが基本だとすると、心と身体の病気を治す方法と同じだと思うんです。 わらし仙人は版画家でもあります、東京の画廊で、主に外国人向けに版画を販売してきました。この版画も、イメージを絵にしているだけです。つまり、イメージを絵にする方法が判れば、いくらでも版画を作ることが出来ます。 同じように、文章を書く時も。その基本はイメージなんです。また、太古の昔から、呪術師は、病気をイメージにして、それを治療に使っておりました。 「イメージを書き換える方法が判れば・・・病気は治りますし、絵とか文章、詩、作曲とかも・・・無限に作ることが出来ます。わらし仙人は版画を10000枚作りました。イメージが出てきたら、いくらでも作れます。(モーツアルトがそうでしたよね!) 病気を治す力(創造力)で億万長者になろう! つまり、今病気で苦しんでいる人に言いたいのは「病気になる才能(創造力)」があるから、病気になったんであれば・・・その逆に、「病気を治す才能(創造力)」を使って、作品を作って、それをネットで販売したら・・・億万長者になれますよ!というお話です。 こう考えると、今、病気のアナタには、物凄いチャンスが訪れているとも言えます。あの発明王のエジソンは、レオナルド・ダ・ビンチの技を盗みました。あの画家のミロも、同じく、レオナルド・ダ・ビンチの技を盗みました。(笑) 「その方法は、技術移転と申します。」 もし、アナタが心と身体の病気で苦しんでいるとしたら・・・、その病気を治す努力を、新しい商品を作って、ネットで販売するという方向に向けてみませんか?毎日、うつ病とか、ノイローゼ、依存症に苦しんでいるならば、そのパワーを創造力に使いませんか? 「わらし仙人の目標は、今病気の人が、病気を治す力(創造力)を使って、ネットで販売して、億万長者になって欲しいのであります。」 レオナルド・ダ・ビンチの技「技術移転」を使って、億万長者になったひとは、エジソンとかミロとか、アップルのジョブス、マイクロソフトの社長とか、ステラとか・・・その数は、数え切れません。(笑) 「アナタの病気は、天からの贈り物かもしれません!」       

404 速読術 Not Found

このブログは、子供の時に両親に呪いをかけられた人が、大人になって依存症やうつ病になって苦しんでいる人に向けて書いております。 「ドジでのろまでブス」の人たちは・・・太っている!! 依存症は、酒とかたばこ、薬物がありますが・・・ダイエット(肥満)もその一つです。心の中に、シャドーがある人は、自己不一致ということになります。心と身体のバランスが崩れますと・・・自分でストレスをコントロールできなくなります。 ですから、ストレスがあると、食べることで、そのストレスを癒そうと致します。実に健気な心意気ですね。この状態は、バランスが回復するまで、食べるのを止めることが出来ません。無意識で食べてしまいます。だから、太るんです。(笑) わらし仙人は、前は「速読の専門家」で、何冊かの本を書いております。今は「マインドフルネス速読術」を書いております。この本は、速読の本ですが、使っているのは潜在意識なんです。ですから、厳しい練習をしなくても、一瞬で、1冊250ページの本を15分で読むことが出来ます。 「みなさんは、普通は、厳しい練習を何回もしたあとで、やっと速読術がマスターできると思い込んでます。でも、わらし仙人の速読術のセミナーでは、開始から1時間後には30%の人が、速読術をマスターしております。(笑)この秘密は、意識の1%の顕在意識を使わないで、99%の潜在意識を使っている点にあります。」 一度、この潜在意識の使い方が飲み込めたら・・・あの、アンソニー・ロビンズさんのように、一瞬でジブの人生を書き換えることが出来るようになります。 その訳は簡単です。【潜在意識】を使っているからです!(笑)  希望があれば、どんな時でも生きて行ける・・「可能性療法」 ビル・オハンロン「私は自殺を決意した!」 みなさんは、「可能性療法」のビル・オハンロンを知っていますか?「可能性療法」って何?だと思います。ある時、ビル・オハンロンは自殺しようと思いました。その時、女性の友達に相談すると、彼女は「自分には未婚の叔母が何人かいて、ネブラスカの莫大な農地があると言いました。もし、アナタが自殺を思いとどまるなら、この土地をあなたに進呈しますと言いました。 ビル・オハンロンは彼女に、「そのおばさんは何歳ですか?」と聞くと、80歳代だと答えました。これなら、あと何年かで土地が貰えるとなると、自殺を思いとどまりました。 それから、ビル・オハンロンは苦しくなると、その莫大なネブラスカの土地を思い出しました。 ところが、ビル・オハンロンは、その土地を貰うことはありませんでした。すでに、ビル・オハンロンは成功して、億万長者になっていたからです。(笑) 人は誰でも、仕事が上手くいかなかったり、人間関係に失敗したときに、自殺を考えます。ところが、この悲惨な時でも、ネブラスカの土地を貰えるという「希望」が与えられると、人間は、自殺ではなく、自分の才能を使って、一生懸命に働くことが出来ます。ビル・オハンロンは、この貴重な経験から、人生には「希望」があれば、どんなに悲惨でも、成功できることを証明しました。それが、「可能性療法」なんです。この療法は、一番最初に、「もし、アナタが今、成功しているとしたら?」という魔法の質問から始まります。 「もし、今、アナタはビジネスに成功して、豪邸に住んでいるととしたら・・・」 今までの、心理療法であれば、シャドーを見つけて、書き換える方法を探します。(わらし仙人の読書療法がこれです。)(笑)ところが、この「可能性療法」は、成功した結果だけしかありません。非常にシンプルですが・・・強烈です。 わらし仙人も最近、瞑想をして、「今ここ あるがまま」を会得出来たら、プレゼンスと言いますが・・・、あとは一気に、成功しているイメージにしたら、人生は一気に変わると思うんです。次のセミナーでは、この「可能性療法」を試してみたいです。期待してください! 第2次世界大戦のアウシュビッツ収容所で、生き残ってユダヤ人は、全員が「希望」を持っていたそうです。どんな時でも、どんな過酷な時でも、「希望」があれば生き残ることが出来ます。 「自分で、希望を作れるようになったら、もう怖いものは無くなります!」 わらし仙人は、アナタに、この「希望作りのノウハウを教えてあげたい!」       

コメントは受け付けていません。